中高年からのフランス語~地上の楽園・南仏ニースで仏語を学ぶ~

南仏在住の日本人サラリーマンによるフランス語の便利フレーズ備忘録.実際に会話で使った,使いたかったフレーズを書き綴っていきます.

déjà = ~したことがある

本記事では、~に行ったことがある、~を食べたことがあるといった「~したことがある」というフランス語表現を紹介します。英語で言う「have + already + 過去分詞」ってやつですね。そのalreadyに当たる言葉がフランス語では『déjà』です。

  • déjà  
    デジャ
    ~したことがある

以下、まず文法について簡単に説明して、次に例文を紹介します。

続きを読む

au cas où ~ = ~した場合には、念のために

本記事では「~した場合には、念のために」というフランス語表現を紹介します。フランス人の同僚と話しているよ本当に良く聞く表現ですので是非覚えて使ってみてください。

  • au cas où ~
    オ カ ウ
    念のために、~した場合には

以下、簡単に文法の説明をして、次に例文を紹介します。

続きを読む

~したことがない:複合過去形+jamais

本記事では複合過去+jamaisを用いた「~したことがない」という表現を紹介します。
友人との会話で「~に行ったことある?」とか「~したことある?」といった質問をよくしますよね。それに対してNoで答えるときによく使う表現です。

  • 複合過去形+jamais 
    ジャメ
    ~したことがない

以下、まず文法を簡単に説明して、次に例文を紹介します。

続きを読む

~する前に:avant de 不定詞【フランス語表現】

本記事では日常会話でもメールでも、どのような場面でもつかう「avant de ~」という表現を紹介します。意味としては「~する前に」ということで、例えば「avant de sortir (= 外出する前に・・・)」、「avant de dormir (= 寝る前に・・・)」などと表現するときに使います。

  • avant de inf(不定詞) 
    アヴァン ドゥ
    ~する前に

以下に avant de を用いた例文をいくつか紹介します。

続きを読む

どっちが~?:lequel / laquelle ~?【フランス語表現】

本記事は「どっちが空き?」とか「どっちがお買い得?」などと、「どちらが~?」と質問するときのフランス語表現を紹介します。具体的には「lequel / laquelle」という単語を使います

  • lequel / laquelle 
    ルケル / ラケル
    どちらが~?

lequel と laquelle は後に男性名詞が来るか、女性名詞が来るかによって使い分けます。

例文としては以下のようなものがあります

続きを読む

~したことがある:(複合)過去形+déjà

「~したことがある」や「~に行ったことがある」という表現は会話でもメールでもビジネスシーンでも、いかなる場面でも使います。本記事ではその表現を紹介します

  • 複合過去形+déjà 
    デジャ
    ~したことがある

例文としては以下のようなものがあります。

続きを読む

donner un coup de main à 〜 = 〜に手を貸す、助ける、手伝う

「ちょっと手を貸して」とお願いする時、何て言いますか?

「Tu peux m'aider ?」が思い付いた人が多いと思いますが、それと同じくらい使われる、「助ける、手を貸す」という意味のフランス語表現があります。本記事ではその表現を紹介します。

  • donner un coup de main à qn 
    ドネ アン クー ドゥ マン ア
    ~に手を貸す、助ける、手伝う

例文としては,

続きを読む