中高年からのフランス語~地上の楽園・南仏ニースで仏語を学ぶ~

南仏在住の日本人サラリーマンによるフランス語の便利フレーズ備忘録.実際に会話で使った,使いたかったフレーズを書き綴っていきます.

de plus:「そのうえ、さらに、なお」のフランス語表現【使い方・意味】

f:id:ooenoohji:20200512162452j:plain

de plus の使い方・意味

フランス語でも、文と文を繋ぐ接続詞を上手く使えるかどうかが、読みやすい文章を書く秘訣でしょう。その中で「そのうえ、さらに、なお」という表現は最も使われるものの一つなのではないでしょうか。

本記事では、その使える接続詞「そのうえ、さらに、なお」のフランス語表現を紹介します。

  • de plus 
    ドゥ プリュス
    そのうえ、さらに、なお

以下、例文を用いて具体的な使い方を紹介します。

de plus を用いた例文

[例文1]

Il était fatigué et de plus il avait faim.
イレテ(il était) ファティゲ エ ドゥ プリュス イラベ(il avait) ファム
彼は疲れていた,そのうえ,お腹も減っていた

[例文2]

De plus, elle s'interronge sur le date de la fête.
ドゥ プリュス エレ サンテロンジュ シュー ル ダット ドゥ ラ フェット
さらに,彼女はそのお祭りの日程に疑問を持っていた

plusを用いた他の表現

plusを用いた表現はいくつか存在します。以下、そのうちのいくつかを紹介します。

  • en plus de qc/qn = 〜に加えて、〜のうえに
  • encore plus = さらになお
  • pas plus = それ以上はだめ
  • plus ou moins = 多かれ少なかれ

 

【スポンサーサイト】

プリュス?プリュ? 読み方に注意

本記事で紹介した「de plus」は「ドゥ プリュス」と発音します。しかし、比較級などで使われる場合、例えば

Il est plus jeune que moi.
イレ プリュ ジュンヌ ク モワ
彼は私よりも若い

のときは「plus = プリュ」と発音します。

注意しましょう。

まとめ

文と文を繋ぐときに使える表現を紹介しました.ただ文を並べるだけだと単調になってしまいますので,こういった接続詞を使うことで読みやすく,リズムのある文章を作ってきましょう.