中高年からのフランス語~地上の楽園・南仏ニースで仏語を学ぶ~

南仏在住の日本人サラリーマンによるフランス語の便利フレーズ備忘録.実際に会話で使った,使いたかったフレーズを書き綴っていきます.

メールにおける文末の挨拶 "Cordialement (心を込めて)"

【スポンサーサイト】

フランス語でメールを書くときの,文末の挨拶を紹介します.日本語では「よろしくお願い致します」などと締めますが,フランス語では本記事のタイトルにある表現が最もよく使われます.

  • Cordialement 
    コルディアルマン
    心を込めて

使い方としては,

使い方・例文

以下、フランス語でのメールのやり取りの例を示します。

Bonjour Mme Sophie,
ボンジューる マダム ソフィー
こんにちはソフィーさん

 

Merci pour votre réponse.
メルシー プー ヴォートる れポンス
返信ありがとうございました

 

Demain, je vais y aller en voiture.
明日,私はそこへ車で行きます

 

Cordialement,
Hiro
心を込めて,ヒロ

こんな感じで,メールに用件を書き終えて,最後に締めるとき,自分の名前の上に「Cordialement,」をつけることが多いです

この表現は友達はもちろん,お客さんや上司などビジネスシーンでも使うことができます.つまりカジュアル過ぎず,むしろ丁寧な表現と言えます.

 

【広告】筆者もオンラインレッスンを受けているアンサンブル・フランセから出ている教材。興味のある方はまず無料お試しから。

注意点

ただし、丁寧な表現ですので、仲の良い友人(敬語を使わない関係の友人)には、この cordialement の使用は避けましょう。なんかだ距離を置いているように受け取られる可能性があります。その点だけ注意しましょう。

まとめ

フランスに知人ができればメールで連絡をとることも増えると思います.こういった表現を覚えて,積極的にフランス語を使っていきましょう.たくさん使うことが上達の早道です.