読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中高年からのフランス語~地上の楽園・南仏ニースで仏語を学ぶ~

南仏在住の日本人サラリーマンによるフランス語の便利フレーズ備忘録.実際に会話で使った,使いたかったフレーズを書き綴っていきます.

【健康】フランス語で「風邪をひいた」,「熱がある」の言い方【体調】

日常会話
【スポンサーサイト】

体調が悪い時の表現を紹介します.「風邪をひいた」,「熱がある」などがフランス語で言えないと生活に支障が出ますからね.特に,フランスは医療機関でも英語が伝わらないことが多々あるので絶対に覚えましょう.

以下に例文を使って,

  • 風邪をひいている
  • 熱がある
  • 疲れている
  • 病気である

などを紹介します.続きをご覧ください.

 例文(風邪をひいている)

- J'ai un rhume.(avoir + un rhume)
ジェ アン リュム
私は風邪をひいている

- J'attrape un rhume.(attraper + un rhume)
ジャトラプ アン リュム
私は風邪をひいている

- Je suis grippé.(être + grippé
ジュ スイ グリッペ
私は風邪をひいている

例文(熱がある)

- J'ai trente-huit de fièvre.
ジェ トロントゥ ウィット ドゥ フィエーブル
私は38度の熱がある

例文(疲れている)

- Je suis fatigué.
ジュ スイ ファティゲ
私は疲れている

- Vous n'êtes pas fatigué ?
ブ ネットゥ パ ファティゲ
お疲れじゃないですか?

例文(病気である)

- Il est malade.
イレ マラード
彼は病気である

まとめ

上にも書きましたが,フランスでは病院や医療機関で英語が通じないことがよくあります.私の経験では,医者は英語が話せますが,受付の方などにはフランス語しか通じません.そういうわけで,ここで紹介した表現は必須ですので,必ず覚えましょう.