中高年からのフランス語~地上の楽園・南仏ニースで仏語を学ぶ~

南仏在住の日本人サラリーマンによるフランス語の便利フレーズ備忘録.実際に会話で使った,使いたかったフレーズを書き綴っていきます.

「sorte : 種類、部類」の使い方を紹介

スポンサーリンク

本記事ではあらゆる場面で出てくる単語「sorte」を紹介します。意味としては以下のとおり「種類、部類」であり、英語でいう「sort」や「kind」に当たります。

  • sorte 
    ソるト
    種類、部類

 以下、sorteを用いた例文を示すので、それを見ながら使い方を覚えていただけたらと思います。

sorte を用いた例文

- Il y a plusieurs sortes de chocolats en France.
イ リ ヤ プリュズィユーる ソるト ドゥ ショコラ アン フらンス
フランスには何種類ものチョコレートが存在する

- On trouve toutes sortes d'articles de sport à Decathlon
オン トろヴ トゥット ソるト ダ(る)ティクル ドゥスポー(る)ア デカトロン
デカトロン(=フランスの大手スポーツ用品店)にはあらゆる種類のスポーツの製品がある

その他、sorteを用いたフランス語表現

  • une sorte de = 一種の〜、〜のようなもの
  • de la sorte = そんな風に

Twitterでもフランス語表現をつぶやいています

ツイッター(@fran_facile)でも日々フランス語表現をつぶやいています。私が実際にフランスで生活している中で出会った表現を発信しているので、それなりに実用的なものだと思っています。興味のある方は是非フォローお願いします。

こんな感じでつぶやいています。

それから、以下のツイートは子供にフランス語の本を読み聞かせている間に見つけたものです。

まとめ

「種類」という言葉が頻出であることは容易に想像できますね、どんなシーンでも使う単語なので、是非覚えてください。上の例文を参考にしていただけたら嬉しいです!