中高年からのフランス語~地上の楽園・南仏ニースで仏語を学ぶ~

南仏在住の日本人サラリーマンによるフランス語の便利フレーズ備忘録.実際に会話で使った,使いたかったフレーズを書き綴っていきます.

【仏検対策】副詞(bienなど)の位置【文法】

スポンサーリンク

f:id:ooenoohji:20200514002925j:plain

フランス語文法:副詞の位置

フランス語を勉強している中で気になったのが「副詞(bienなど)の位置」.今までは,(今までの少ない経験から)なんとなくしっくりくる位置に置いていましたが,当然のことながら規則があるようです(笑)

自分の備忘録のためにも,本記事で「副詞(bienなど)の位置」を簡単にまとめてみました.

動詞が単純形の場合には動詞の後に置く

[例文1:単純系→同士の後に置く]

Il chante bien.
イル シャントゥ ビヤン
彼は上手に歌う

複合形の場合には過去分詞の前に置く

[例文2:複合過去→過去分詞の前に置く]

Il a bien chanté
イラ ビヤン シャンテ
彼は上手に歌った

不定形の場合には動詞の前に置く

[例文3:不定形→動詞の前に置く]

Il sait bien chanter
イル セ ビヤン シャンテ
彼は上手に歌うことができる

 ネットや本で,自分で調べて書いたので,もし間違いがあったら指摘していただけると嬉しいです.