中高年からのフランス語~地上の楽園・南仏ニースで仏語を学ぶ~

南仏在住の日本人サラリーマンによるフランス語の便利フレーズ備忘録.実際に会話で使った,使いたかったフレーズを書き綴っていきます.

「相変わらず、今でも」の意味で使う toujours

【スポンサーサイト】

昨日、久々に会った知人(フランス人)と、以下のような会話をしました。

 注目すべきは知人の使った「toujours」

フランス語初心者の私からすると、「toujours = いつも」としか使ったことがないのですが、辞書を調べて見ると

toujours = 相変わらず、まだ今でも

 という意味があるようです。「相変わらず」や「今でも」は日常会話でよく使う表現だと思うので、これを気に覚えようと思いました。

以下にいくつか例文を挙げておきます。

 「相変わらず」「まだ今でも」の意味の toujours を使った例文

- Vous êtes toujours célibataire ?
ブ ゼットゥ トゥジュー(る) セリバテー(る)
あなたは今でもまだ独身ですか?

- Il pleut toujours.
イル プリュ トゥジュー(る)
まだ(相変わらず)雨が降っている

また、人に対して「相変わらずだな」と言うときも使えるようです。例文としては、

- Il est toujours le même.
イ レ トゥジュー(る) ル メーム 
彼は相変わらず

まとめ

フランス語初心者にとって、toujours と言えば「いつも」という意味合いで使うことが多いと思うのですが、他にも、本記事で紹介した「相変わらず、まだ今でも」といった意味でも使うことができるようです。日常会話で使えそうな表現ですので是非覚えたいですね。

さらに、他にも「とにかく、それでも」という意味ももっているようなので、後日、こちらも調べて記事にしていきたいと思います。