中高年からのフランス語~地上の楽園・南仏ニースで仏語を学ぶ~

南仏在住の日本人サラリーマンによるフランス語の便利フレーズ備忘録.実際に会話で使った,使いたかったフレーズを書き綴っていきます.

【仏語】Il reste (à qn) à 不定詞 = ~しなければならない、~することが残っている【意味】

【スポンサーサイト】

本記事では、フランス人と会話していると本当に良く聞く表現(つまり重要表現)を紹介します。私はフランスの会社で現地採用として働いているのですが、同僚との日常会話はもちろん、会議中でも以下の用言を非常に良く耳にします

  • Il reste (à qn) à 不定詞 
    イル れストゥ ア
    ~しなければならない、~することが残っている

直訳すると後者の「~することが残っている」という意味になりますが、それはつまり「~しなければならない」という意味になることは想像つきますね。ニュアンスとしては「rester」の意味が残っていて、「まだ~の仕事が残っている」というような場面で使います。

良く聞くのは以下のような形です。

  • Il me reste à 不定詞 = 私は~しなければならない
  • Il nous reste à 不定詞 = 我々は~しなければならない

それではいくつか例文を挙げてみましょう。

Il reste (à qn) à 不定詞 を用いた例文

- Il nous reste à fixer la date de notre prochaine réunion.
イル ヌ れストゥ ア フィクセ ラ ダットゥ ドゥ ノートる プろシェンヌ れユニオン
(我々は)次の会議の日程を決めなければならない

- Il me reste à vous remercier de votre participation.
イル ム れストゥ ア ヴ るメるスィエ ドゥ ヴォートる パー(る)ティスィパスィヨン
私はあなたたちが参加してくれたことに感謝しなければならない
(会議やプレゼンの終わりのときに良く使うフレーズ。「参加してくれてありがとう」の意味。直訳で捉えるとちょっと堅く感じるが、そんなことはない、merciのちょっとフォーマルヴァージョンと思えばよい)

- Il nous reste à terminer ce travail.
イル ヌ れストゥ ア テるミネ ス トらヴァイユ
私たちはこの仕事を終えなければならない

【広告】筆者もオンラインレッスンを受けているアンサンブル・フランセから出ている教材。興味のある方はまず無料視聴をお試しください。

twitterでフランス語表現をつぶやいています

ツイッター(@fran_facile)でその日に調べたフランス語表現をつぶやいています。このブログと同じフォーマットで、フランス語→カタカナ読み→日本語の意味、を記載しています。もし興味のある方は是非フォローしてください!

まとめ

フランス人と話していると本当によく聞く表現ですので、是非使えるようになりたいですね。「まだ~の仕事が残っている」というような状況で使えます。