読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中高年からのフランス語~地上の楽園・南仏ニースで仏語を学ぶ~

南仏在住の日本人サラリーマンによるフランス語の便利フレーズ備忘録.実際に会話で使った,使いたかったフレーズを書き綴っていきます.

【仏検対策】「部屋」という意味の語,chambreとsalle,bureauの違い

【スポンサーサイト】

日本から出張でフランスの会社を訪れたとき,お土産を買ってきたので,社内のコーヒーブレイクのできる部屋にそのお土産を置きました.そして以下のようなメール(抜粋)を出張先の社員に送りました.

・・・略・・・

J’ai mis des gâteaux japonais à la chambre de café.

Bon appétit !

これを読んだ親切な社員が「~~~の使い方が違うよ」と教えてくれました.

さて,なんと指摘されたのでしょうか?

chambreとsalleの使い分け

その社員は,「こういうとき"chambre"は使わないんだよ,chambreは寝室って意味だから

そうです,ぼくはお土産を寝室に置いたよ,ってメールしてたんです.まぁ,"de café"が付いていたので,意味は通じたようですが(笑)

では,どう言えばよかったのでしょうか?

正解は"salle de café"でした

"salle"は何か用途がある部屋を意味するようです.つまり,その用途を表す語と一緒に使われます.例えば,

- salle de bain(お風呂)

- salle de classe(教室)

といった具合に.

他の「部屋」という意味の語

他にも"bureau"や"pièces"といった,「部屋」という意味を表す言葉があります.使い分けとしてはそれぞれ,

- bureau = 事務室,研究室,会社のオフィス

- pièces = 部屋の数を

よく使う言葉なだけに覚えたいですね.