中高年からのフランス語~地上の楽園・南仏ニースで仏語を学ぶ~

南仏在住の日本人サラリーマンによるフランス語の便利フレーズ備忘録.実際に会話で使った,使いたかったフレーズを書き綴っていきます.

au cas où ~ : ~した場合には、念のために

【スポンサーサイト】

本記事では「~した場合には、念のために」というフランス語表現を紹介します。フランス人の同僚と話しているよ本当に良く聞く表現ですので是非覚えて使ってみてください。

  • au cas où ~
    オ カ ウ
    念のために、~した場合には

以下、簡単に文法の説明をして、次に例文を紹介します。

文法(条件法を使います)

「~した場合には、念のため」というフランス語表現は以下の形で文を作ります。

  • au cas où +【主語】+【動詞の条件法現在形】

条件法現在形は、例えば être だと、je serais、tu serais、il/elle/on serait、nous serions、vous seriez、ils/elles seraient という活用をします。

au cas où を用いた例文

- Au cas où je serais en retard, télephone-moi.
オ カ ウ ジュ スれ ゾン るターる テレフォン モワ
私が遅れた場合には、電話してね

Au cas où tu réussirais, je te prépare un cadeau.
オ カ ウ チュ れウッシれ ジュ トゥ プれパーる アン カドー
君が成功したときのために、プレゼントを用意しておくよ

- Au cas où vous auriez un empêchement, je vous pris de me prévenir.
オ カ ウ ヴ ゾりエ アン アンペッシュモン、ジュ ヴ プり ドゥ ム プれヴニーる
ご都合の悪い場合は予めお知らせください

 

【広告】筆者もオンラインレッスンを受けているアンサンブル・フランセから出ている教材。興味のある方はまず無料お試しから。

Twitterで紹介したau cas oùを用いた例文

私はtwitterでもフランス語表現を紹介しています。フランス語を勉強している方は是非フォロー (@fran_facile)してくださいね。

まとめ

冒頭にも述べましたが、フランス人と話しているよ本当によく聞く表現です。しっかり覚えて実際の会話で使えるようにしたいですね。